男の不倫って女の不倫より軽く見られるのはなぜ?

テレビのワイドショーや週刊誌の芸能記事では、よく芸能人の不倫スキャンダルが取り上げられていますけど、そういう話題が出るとその芸能人にとってはもちろん大きなダメージがありますよね。でも同じように不倫をした場合でも、どちらかと言うと男性芸能人の方が、女性芸能人よりは受けるダメージが小さいように思えます。レギュラー番組を降板させられたり、すごいバッシングを受けたりするのは、女性芸能人の方が多いみたいなんです。
でもそういったことは、別に芸能界に限ったことではないのかも知れません。夫が不倫をしたことに対して怒る妻の話はよく耳にしますけど、それがきっかけで離婚にすぐつながるんじゃなくて、きちんと謝って反省してるから今回は許した、みたいな流れになる場合が多い気がします。でも妻が不倫をした場合に、夫がそれを今回だけは許す、みたいな感じになった話を聞いたことはあまり記憶にありません。自分に置き換えて考えると、妻が不倫をしたことが分かった時にそれを許せるかと言えば多分無理で、離婚するかどうかは別としても、一生心にしこりとして残っちゃうような気がします。
そんな風に、男の不倫って女の不倫より軽く見られるのはなぜなのかって考えると、性的な関係を持った時の本気度の違いが大きく関係しているのかも知れません。夫が愛人にそのうち妻と別れるって言うことはよくありますけど、ほんとに分かれる気があるのかと言うと、実は違う場合が多いでしょう。男性は家庭は家庭で大事だと思ってて、その家庭では得られない性的な満足を愛人との関係に求めるんでしょうね。だから妻の方も、もちろん怒りは湧き上がっているでしょうが、肉体的な関係だけだと割り切ることもできるんだと思います。
でも妻が不倫をするのは肉体的な満足感だけではなくて、夫との関係では得られない精神的な満足感、言い換えると愛情が欲しいからだって話を聞きます。つまり妻の場合は単なる火遊びじゃなくて、家庭を捨ててもいいと思ってしまうような、本気の恋愛に発展する恐れが大きいってことですね。そういう理由で家庭を壊す可能性が大きくなる分、重く見られるんだと言えるんでしょう。
またそういった考えは古いと言われるかも知れませんが、子供との関係性が女性の方が強い家庭が多いので、子供を悲しませる度合いが大きいのはどちらかと言うと、父親よりも母親が不倫をしていた場合だってことも、女性の不倫が重く見られる理由なのかも知れません。

投稿者について

本と不倫たまに風俗

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です